【別れてほしい】息子と大っ嫌いな彼女を別れさせた方法のすべて

息子と彼女を別れさせよう|別れさせ屋に対する疑問をまるっと解説

息子 彼女 別れさせ屋

 

 

 

息子と彼女に別れてほしい…

 

でも私が言っても聞いてくれないし、、、

 

別れさせ屋っていうのがあるみたいだけど、頼っていいのかしら

 

料金や業者について詳しく知りたい…


 

 

こういった、『息子彼女別れさせ屋を使って別れさせたい』という疑問にお答えします。

 

 

人を別れさせようと思った時、必ず行き着くであろう『別れさせ屋』

 

サービスの名前は聞いたことがあっても、実際に依頼した方というのは稀ではないでしょうか。

 

 

内容からしても気軽に人に相談出来るものでもなく、いったいどうやって別れさせるのかとか、いくらくらいするのかとか不安ですよね。

 

 

そこでこの記事では、別れさせ屋について徹底的に解説。

 

「使うべきかどうか」という部分から、「使うなら」という点まですべてわかる内容となっております。

 

 

別れさせ屋に息子さんと彼女のことを依頼しようとしているあなたに、最後までご覧いただきたい記事となります。

 

 

 

結論から言いますと、別れさせ屋は最後の手段

 

基本的にあまりオススメできません


 

 

 

 

 

 

 

別れさせ屋とは?|元は探偵業で子供に関する依頼も多い

 

息子 彼女 別れさせ屋

 

 

別れさせ屋とは、文字通り対象の2人を別れさせる工作をする業者のこと。

 

もともとは探偵業のなかの一環として行っていたサービスですが、需要の大きさからそちらをメインにする業者が現れたことで、別業態のようになっています。

 

 

 

グレーな相談ゆえ、詐欺まがいの業者も多かったので、年々その数は減っています

 

が、それは裏を返せば『残っている業者は信頼性が高い』とも言えますね


 

 

多い相談としては、

 

 

●元彼の今カノと別れさせたい

 

●不倫相手と夫を別れさせたい

 

 

そして、『ご子息の恋愛相手を別れさせたい』というもの。

 

 

お子様がついつい盲目になってしまって悩む親御さんも多いようで、

 

実際、わたしも依頼こそしませんでしたが、別れさせ屋への相談まではしたことがあります。

 

 

 

やっぱり親が言っても反発しちゃうし、自然に別れてもらいたい場合に重宝するんでしょうか


 

 

 

 

別れさせ屋はどうやって息子と彼女を別れさせるの?【方法を解説】

 

息子 彼女 別れさせ屋

 

 

では、別れさせ屋というのは実際にどのような方法を用いて2人を別れさせるのでしょう。

 

 

これは結論から言ってしまうと『ケースバイケース』としか言えません。

 

 

が、基本的な流れは以下の通りです。

 

 

①・対象者(彼女)について行動パターンや好みなどを詳しく調査

 

②・彼女(もしくは息子)に一般人を装って近づき、親密になる

 

③・彼女に惚れさせたり、息子を説得するなどして自身で別れを選んでもらう

 

④・2人が復縁してしまわないよう、別れたあとも何ヶ月かは対象者と付き合う

 

 

 

多い手法は彼女への接触によって恋愛対象を切り替えてもらう

 

 

要するに

 

『対象者をよく調べる』→『それに合った別れさせ方法を検討』

 

という流れですね。

 

 

もっともベターなものとしては、彼女側に男性工作員を近づけて、息子さんよりそっちに夢中になってもらうというもの。

 

 

例えば、

 

 

①・彼女が料理教室に通ってることを調べる

 

②・彼女の好みの男性を同じ料理教室に投入

 

③・自然に仲良くなり…

 

 

といったところでしょうか。

 

 

 

彼女が動かないときには息子さんへの接触

 

 

しかし、彼女側が人見知りだったりすれば、カンタンに男性工作員になびいたりはしません。

 

 

その場合、

 

今度は息子さんの趣味を調べたりして、男性工作員に友人になってもらうという手法があります。

 

 

そのうえで、『いまの彼女とは別れた方がいいんじゃないか?親御さんも心配だろう』と吹き込むワケですね。

 

 

 

親の言うことなら聞かなくても、第三者の言うことなら聞くかも、ということです


 

 

 

どんな別れを演出するかはケースバイケース

 

 

繰り返しですが、別れさせる方法というのは本当にケースバイケース。

 

優良な業者であればあるほど、その人その人に合った方法を提案して、あらゆる『隙』をついて別れさせるそうです。

 

 

逆に言えば、『彼女への接触だけ』といった一辺倒なやり方しかできない別れさせ屋は実力がないと言えそうです。

 

 

 

そのため、別れさせ屋の料金相場は『なにをやるか』で大きく変わってきます

 

次は気になる料金形態について詳しく見ていきましょう


 

 

 

 

別れさせ屋に息子と彼女の別れを依頼した場合の料金相場

 

息子 彼女 別れさせ屋

 

 

やはり気になるのは、『別れさせ屋っていくらくらいかかるの?』という部分。

 

 

これは先ほども申し上げたとおり、『なにをどのくらいやるか』でピンキリな部分でもあります。

 

探偵業でも、使った人間の多さや経費によって振れ幅があるので、同じイメージでしょうか。

 

 

別れさせ屋がとっている料金形態の多くは2通りで、

 

 

1・〇ヶ月でいくらという期間ごとの料金

 

2・〇回の実働でいくらという実働型料金

 

 

という、『どのくらいの期間で依頼するか』か、『どのくらい実際に動いたか』で算出されます。

 

そしてそのどちらにしても、『着手金』と『実際に別れた際に払うお金(成功報酬)』の2段階でのお支払いになります。

 

 

 

業者によってですが、それとは別に『途中で使った経費(必要になった人や物)』が別途でかかる場合もあります


 

 

 

着手金と成功報酬の目安

 

 

 

これはあくまで私が依頼しようとした業者の金額ですので、必ずしもこの通りではありません

 

しかし、別れさせ屋が決して安いサービスではない事がお分かり頂けるかと思います


 

 

プランA プランB
30~45日 60~75日
着手金 60万円 着手金 85万円
成功報酬 30万円 成功報酬 40万円
※その他必要に応じて追加経費 ※その他必要に応じて追加経費
合計 合計
最低 90万円 最低 125万円

 

 

本当に大ざっぱになりますが、下は合計60万円~上は200万円ほど。

 

あとは実際に業者さんとの相談によります。

 

 

 

途中でいくらかかるかが本当に相談なので、ギリギリの予算では『お金がなくて中止…』なんていう場合もあり得ますね


 

 

 

実例から見る別れさせ屋の料金

 

 

カンタンにですが、実際にあった別れさせ屋の事例をご紹介します。

 

なんとなくですが、期間と実働回数から『このくらいなのかな』というのを把握できるかなと思います。

 

 

ケース1・相手の女性について情報が少なかったケース

 

 

対象者の女性についての情報が乏しく、住まいや勤務先を調べるところからのスタート。

 

まずは息子さんと彼女が会うタイミングを見てから尾行し、彼女の素性を調べるところからでした。

 

 

そこからその彼女が料理教室に通っていることが判明し、この時点で『じゃあ男性工作員を料理教室に入れよう』という方針に。

 

 

そして、男性工作員が徐々に彼女に接近。

 

最後には彼女のほうから息子さんを振った…という流れです。

 

 

●かかった期間

 

105日(3ヶ月半)

 

●実働回数

 

30回

 

●着手金

 

160万円

 

●成功報酬

 

50万円

 

●合計

 

210万円

 

 

 

事前情報が少なく、期間も実働も多くなると200万円を越えてきますね…


 

 

ケース2・息子さんに接触を試みた場合

 

 

こちらも対象者の情報が少なかったのですが、こちらは彼女への接触を諦め、息子さんを説得する方法で動いた場合。

 

情報は親御さんが依頼しているだけあって十分です。

 

 

息子さんの趣味であった釣り。

 

その釣り場に仲間として潜入し、次第に2人で酒を酌み交わす仲になっていきます。

 

 

やがて、男性工作員が息子さんの彼女について、『それは不釣り合いだ』『考え直せ』と説得していきます。

 

結果、考えを改めた息子さんが自ら彼女との縁をスッパリ切った…とのこと。

 

 

●かかった期間

 

60日(2ヶ月)

 

●実働回数

 

17回

 

●着手金

 

100万円

 

●成功報酬

 

30万円

 

●合計

 

130万円

 

 

 

さきほどより事前情報が多く、使う人間も最小限ですので、いくらか安くなっています

 

このように、様々な要素で金額が大きく変わることがご理解頂けるかと思います


 

 

 

 

安心して息子と彼女のことを依頼できる別れさせ屋

 

 

もちろんですが、ここまでご紹介した別れさせ屋の手法や相場は『まともな業者なら』というお話。

 

信頼と実績があるようなところならこのくらいですよ…という話ですね。

 

 

 

では、その信頼のできる業者とはどこなのでしょうか?


 

 

ここでは、

 

 

  • お試しで別れさせ工作ができるか
  • 着手金や成功報酬は相場と比べて適切か
  • 返金保証など、安心できるメニューはあるか
  • 女性相談員はいるか
  • 期間より、実際に動いた回数で金額が出るか
  • 有名な業者かどうか

 

 

こんな事に着目しながら、1番良さそうな別れさせ業者を提案します。

 

 

 

すべて調べた結果、わたしが依頼を考えたのは「別れさせ屋M&M」でした


 

 

 

別れさせ屋M&Mの特徴

 

息子 彼女 別れさせ屋

 

 

会社概要 株式会社日和グループ
所在地 千葉県柏市東上町7ー20 ロシェビル2階
探偵届出証明書番号 千葉県公安委員会 第44100124号
対応地域 全国

 

 

他の有名な業者さんと比較した場合、M&Mが比較的良心的なサービスである事は見ての通りです。

 

あくまでサービスに関する比較であり、会社の優劣をつけたものではありません

 

 

業者名 着手金 成功報酬 返金対応 女性相談員 お試し可
M&M 30万円~ 10万円~
別れさせ屋株式会社 61万円~ 25万円~ 不可 - -
ミッションエージェント 80万円~ 40万円~ 不可 -

 

 

 

わたしは依頼するまでには至りませんでしたが、事前にヒアリングをよく行ってくれて、複数のプランを提案してくれました

 

依頼者に沿った細かなプランは当然成功率も高く、評判も良さそうです

 

 

また、料金形態やお試し鑑定があるというサービス面においても郡を抜いていますね

 

 

全国対応なので、利用される場合は検討してみてはいかがでしょうか


 

 

 

 

 

 

別れさせ屋に息子と彼女の破局を依頼するデメリット

 

息子 彼女 別れさせ屋

 

 

さて、ここまで別れさせ屋についてカンタンにご紹介してきましたが…

 

 

 

わたしは色々と調べた結果、別れさせ屋の利用については控えることにしました

 

息子と彼女には、ホントに別れてほしかったのですが…

 

 

その理由は、別れさせ屋の『デメリット』にあります

 

ここからは、そのデメリットについてお伝えしていきますね


 

 

 

別れさせ屋の成功率|必ず別れさせるワケでもない

 

 

別れさせ屋の成功率は、客観的に見て50%ほどと言われています。

 

 

 

業者のHPを見ればあたかももっと高そうな演出をしていますが、蓋を開ければそんなものなんですね…


 

 

これはもちろんターゲットとなる息子さんと彼女の関係性、彼女の行動パターン、性格、付き合いの長さなどなど…

 

多くの要因が関係してくるので、なんとも言えない部分ではあります。

 

 

で、先ほどの表をよーく見て頂きたいのですが…

 

 

どこの業者さんも、圧倒的に着手金が高いですよね?

 

成功報酬なんておまけくらいの金額であることがわかります。

 

 

これはつまり、見方を変えれば

 

『成功してもしなくても、ほとんどのお金を払う』っていうこと。

 

 

成功報酬とは名前ばかりで、その多くは可否に関わらずほとんど前払いみたいなものです。

 

 

それを見て私が感じたのは、

 

『ホントに50%もあるのかな…』っていうこと。

 

 

 

で、次に気になったのはこれ。

 

 

「じゃあどういう感じで失敗するのか?」

 

 

それを調べていったとき、私には向いてないかも…という風に感じたのです。

 

 

高額な料金

 

 

●工作費用が賄えず、途中で断念する

 

●最初から予算が少なく、満足な工作ができなかった

 

 

この2点がメインになるようですが、カンタンに言えば『余裕がないと成功しにくい』っていうことですね。

 

 

業者さんは『ゼッタイ諦めません!』とかいった看板を掲げていますが、

 

それって要するに『別れなければ無限に費用がかかります!』って言われたも同然です。

 

 

 

わたしは決して裕福ではなかったので、この時点でほとんど依頼は諦めました…


 

 

息子さん(彼女)に依頼が発覚

 

 

さらに、別れさせ屋への依頼が息子や彼女にバレてしまうケースも少なくないようです。

 

3ヶ月等の長いスパンで業者さんとやり取りしていると、お母様か業者側のどちらかがボロを出しやすいんですね。

 

 

  • お母様の持ってる別れさせ屋の名刺が発見される
  • 連絡し合っているところを見られる
  • 不自然な接近に、彼女が警戒して…
  • 業者側のやり取りを偶然目撃されて

 

 

などなど…

 

 

もともと

 

『ウチの母親は彼女との交際に反対していて、別れさせ屋とかもあり得るかも…』

 

なんて息子さんが警戒しているようなら、かなりリスキーですよね。

 

 

そうなると当たり前に成功は望めないばかりか、親御さんへの信頼は地に落ちます。

 

最悪、息子さんから縁を切られる可能性だって否定出来ませんし、2人はますます別れまいとするでしょう。

 

 

息子か彼女が別れさせ屋ですんなり別れるかどうかが大事

 

 

端的にまとめますと、

 

『別れさせ屋がちょっと工作したくらいで別れるなら、依頼してOK』

 

かなと思います。

 

 

逆に、長期化しそうな場合は費用や発覚のリスクが大きくなりますよね。

 

ウチの場合はそう簡単には別れそうもなかったし、費用も捻出できないので諦めた、ということになります。

 

 

 

違法性について|悪徳業者に注意

 

 

さらに言ってしまうと、別れさせ屋は詐欺と違法行為の温床です。

 

 

さきほどご紹介したような手順

 

つまり『あくまでただの接触』とか『食事』くらいならまだ違法にはなりません。

 

 

が、逆に言えばまっとうな別れさせ屋はそれ以上のことをできません。

 

(なので成功率もそれなりなワケですが…)

 

 

『それでもとにかく別れさせよう!』っていう業者は、グレーどころかもっと黒い方法で2人を別れさせようとすることもあるそうで…

 

 

  • 脅迫まがいの『別れろ』
  • 彼女側に肉体関係を迫る
  • 息子へのハニートラップ
  • 裏で金銭を使って別れさせようとする
  • ターゲットの情報が少なく、敷地内に侵入してしまう

 

 

こういった違法行為を業者が行えば、それを依頼したあなた様の責任にもなりかねません。

 

 

 

ただでさえ人に相談出来ない内容

 

悪徳業者がそこをついて違法行為に及んだり、多額の請求を出すこともあるんだとか


 

 

なにもせずに高額な料金を取るケースも

 

 

それでも、別れさせるための工作をしてくれるのならまだ結構。

 

中には、なにもしないで着手金だけをむしり取る悪徳業者も存在するようです。

 

 

100%の成功率がない業種である以上、あくまで信頼関係のみが頼りなんですね…

 

 

そもそも「別れさせる」という行為が危険

 

 

そもそもですが、別れさせ屋の工作は公序良俗違反である危険が常につきまといます。

 

と言いますのも、普通に考えて人を別れさせようとする行為は良いことではありません。

 

 

そのため、本来の別れさせ屋の立ち位置は

 

『暴力団との関わりがある彼女と、息子を別れさせたい』

 

といった正当な理由ありき。

 

 

『彼女が気にいらないから別れさせる』みたいな使い方をすれば、それだけでも違法性が出て来てしまうそうです。

 

 

 

わたしたちからすれば『別れさせて然るべき』な2人も、

 

司法の場ではどういった判決が下るかわかったものではないっていうこと

 

 

別れさせ屋に依頼する場合には、

 

『適切で安心出来る業者か』

 

『自分の依頼に違法性がないのか』

 

こういった部分をよく吟味する必要がありそうです…


 

 

 

別れさせ屋で失敗した人の口コミ

 

 

別れさせ屋のHPを見ればあたかも簡単に別れさせてくれそうな雰囲気を感じますが、現実はそんなこともありません。

 

ここでは、実際に別れさせ屋に依頼するも失敗に終わってしまった方の書込みを見ていきましょう。

 

 

別れさせ屋に4月に依頼。

 

二ヶ月でちゃんと別れさせる様に頑張りますとの事で、4月末に80万円振込みました。

 

その後、5月に入り中頃に担当者が変更になると連絡あり。
やっと月末に相手と接触、電話番号を聞き、これから創作しますとの事。

 

こちらからは、相手の住所も電話番号も仕事先も教えてあったので、ここまでに工作員がした事は、二度程相手の動きを見る為に、居住先に張り込みしたのと、一度声をかけただけ。

 

5月末に更に70万円振込みする予定になっていて、更に最後には成功報酬として50万円、全部で200万円支払う予定でした。

 

長くなりましたが、ようするに詐欺にあいました

 

 

別れさせ屋に依頼して失敗しました。

 

息子と彼女、工作員の三角関係までは成功しましたし、業者もちゃんとやってくれていたと思います。

 

 

しかし、実際にその男性工作員が息子に『オレが彼氏だから別れて欲しい』と訴え出たところ、

 

息子が逆に『こっちが彼氏だ』『お前が別れろ』と反発。

 

 

さらに、別れさせ屋を疑った息子が工作員の事を調べ上げ、結局わたしの依頼が発覚しました。

 

別れさせ屋に訴えましたが、『事前にそういったリスクについてはご了承頂いているハズ』の一点張り。

 

3ヶ月でかけた120万円ものお金も失い、息子からは絶縁されました。

 

 

繰り返しですが、これらは実際にネットにあったものを掲載しています。

 

 

 

別れさせ屋は望んだように人をコントロールできる魔法ではありません

 

成功できる見込みがあって、かつ業者を信頼できる場合に限り使う方が良さそうです

 

 

わたしは逆に話がこじれても困るので、先に縁切り占いをしたところ、それで別れてくれたのでラッキーでした


 

 

 

 

 

 

別れさせ屋は最後の手段|息子と彼女に使うには慎重な事前調査を

 

息子 彼女 別れさせ屋

 

 

お話が長くなってしまったので、最後にもう1度まとめますね。

 

 

●別れさせ屋ってなにするの?

 

・彼女の調査~別れさせるプランの提案
・多くの場合、彼女を懐柔or息子さんを説得

 

 

●料金はどのくらい?

 

・相場は60万円~200万円とめちゃくちゃ
・依頼内容、難易度などでかなり振れ幅あり
・実際に相談してみるしか把握できない

 

 

●別れさせ屋のデメリット

 

・普通に失敗する
・失敗しても高い
・息子さんに発覚
・違法の危険
・詐欺に合う危険
・実際に失敗した人も多数

 

 

 

あくまで個人的な意見ですが…

 

 

いきなり別れさせ屋というのはリスクも大きいし、いま思えばやらなくて良かったなぁというのが本音です

 

(もちろん、「最後には」と思っていましたが…)

 

 

まずは説得→次に縁切り→…

 

といった感じで、急に別れさせ屋に走るのはあまりオススメできません


 

 

他の方法については、こちらの記事が参考になりそうですのでごらんくださいませ。

 

 

 

 

 

以上、別れさせ屋に息子さんと彼女の別れを依頼するあれこれでした。

 

参考になれば幸いです。

 


↓この2記事が人気です↓


息子 彼女 別れさせる  息子 彼女 別れさせる